カウントダウンの日々 
終わりの日々への追想
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
日に日に
 もう、ほぼ引退した身だからあまりいうこともないなだが、ボランティア団体にもお手伝いのような立場で通っている。時間がたっぷりあるので後継の若い衆より時間を取ることが出来る。
 3年目も終わろうとしている。団体を運営している法人から、来年どうすると言われているが言葉を濁しておいた。持ち出しが多いからだ。それは、若い衆に負担をかけたくないからだ。
 ここ1年当然だが、独り立ち(役職だけ)してきているが、表面のことにとらわれているようで少しずつ注意をしているが、これも少しづつ自分に自信を持ってきているようだ。これ自体は喜ばしいが、同時に名誉意欲の方が強くなってきているようだ。
 誤った、自信過剰である。
 普段の職場は全てのところで、自信のなさが出ているようであるが、ここはお山の大将。
困ってしまう。指導力・統率力が不足しているのに自信だけが一人歩き。
これまでのコンプレックスの裏打ちがそんなところに走るのだろう。武道をやっている者なら、謙虚と控えめが望ましいのだが、残念ながら日々不足していくのである。
 どこで気づくのだろうか!
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。