カウントダウンの日々 
終わりの日々への追想
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
正月や
 正月や冥土の旅の一里塚
とは遠い世界と思っていたが日々近づいてくる。
今年も知人が、年賀状を出す気力が無くなって世俗からの引退の
はがきを送ってきた。
又、2通送ってきたのは愛嬌か。
 師走の疲れ中々取れず、休みの日々だった。
師走に40年間ご挨拶に行っていた先輩は昨年亡くなり、恒例の
行事がまた一つ無くなり、整理の日が出来た。
 少しずつ考えねばとは思うが、次に回す。後悔の日々か。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。