カウントダウンの日々 
終わりの日々への追想
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ブログで怖いこと

 友人のブログが盛会だ。本人も定年後暇を囲っていたが、生きがいを見つけて日々かけ回っている。勿論ブログのネタ探しである。張り切りすぎて、体調が悪いのにもかかわらず床に臥せったほどである。
 ヒマな(失礼)オバサン、小父さんに支持されて日々コメントの返事書きで数時間パソコンにへばりついているらしい。
たまに、ツンツンとしてやると直ぐに返事が来る。朝早くから夜中まで首っ丈である。
 最近、読んでいてあれっと思うようになった。大勢の見物人が来るせいか、ウケを狙っての記事と自分の記事(つまり、自分の考えが一番だという感覚)への自信溢れてきたことである。するとどうなるか、自分が正しい・自分の目が第一・相手がわるいとなってきている。
 つまり、何時の間にか思考に弾力性なくなって自己中心的、思い込みが強くなり、ひらばで言えば頭が固くなってきているのだ。要するにジジイになってきているのだ。
 それに賛同するものがいると・・・。怖い、若者の一部と同じ思考経路。うん?、若くなってるのか!?
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
2010/11/11(木) 17:46:44 | | #[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。