カウントダウンの日々 
終わりの日々への追想
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ミニパソコン

 手持ちの中古のパソコンも買って5年。メモリーも増設しても大分遅くなってきた。しかし、仕事で使うでなし持ち歩きする出なし不便は感じなかった。ところが、最近段階の世代がどっと暇になると、オジサンメールやブログを構築する連中が出てきて、こちらもまめな方なので何か返さなくてはいけないと言う気にならされる。
 数日、出かけても携帯がなる。「メール見た?」「ブログ見た?」である。『見てない』、「なぜ?」である。そんなに暇じゃぁないぞと、意っては見ても見なくてはとの脅迫概念。出先には何もないし、ビジネスホテルのフロント付近にはコーナーがあるが、親父達が真剣にお仕事の続き。
 そこで、ミニパソコンを買うことにした。アマゾンを見ていたら推奨のなるmsiという台湾のメーカーの品。安い。¥29800-なり。ネットとメールさえ外で見れるのならいいやと早速購入。
思ったよりしっかりとしており、安心。息子と一緒に接続。ネットワークもばっちり、ついでにメモリーも増設。順調。ワード・エクセルぐらいはと只のソフトをダウンロードしてもらう。
 さてと、と思ったとき繋がらなくなる。あれ~っ。息子も動員して一晩ああでも、こうでもないといじるが、繋がらない。お客様相談口に電話。繋がらないので、メールで送るが返事は今のとこない。
やっぱり、金払ってコンシェルジュなる所にやってもらった方が傷が浅かったかナァ。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。