カウントダウンの日々 
終わりの日々への追想
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
50周年ー2

 2週間前、近所に終の棲家として越してきたダチが酒を飲みながらポツと言った。
同級生の女の子の死だ。会の出席の返事に書かれてたと言う。3年先輩と結婚し、体調が悪いけどといいながら子供を生んでここまで来た。数年前に、一層体調を崩したと親しい後輩から聞いてメールを送ったが年賀状は来ていたし、
 「いつかは出張の帰りに寄るよ」と言ってはや四十年。
 「来るかもしんない」と先輩である旦那に言っていたという。
う~ん、来世の宿題が又増えたような気がする。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。