カウントダウンの日々 
終わりの日々への追想
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 大学の部活の同級生と飲んだ。元気だった。大企業を終え、なんら心配ない生活。うらやましくもあり、嫉ましくもある。しかし、40年前の出来事に咆哮するのも、青春なるゆえんか。
 それにしても、このところ酒が残るようになった。体重を気にして食わないからか、カラ酒は身体に良くないと思いつつ飲んでしまう。反省は昔からずーとしているんだが・・・・。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。