カウントダウンの日々 
終わりの日々への追想
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ガタ
 60も半ばを越すと、疲れが取れない、節々がいたむ、関節が硬くなると
症状が沢山。致し方ないが、諦めるわけにはいかない。
 整体に行くが、行く前より痛い。治りが遅くなっている。
スポンサーサイト
失業保険
 今年は本当にアルバイト。
失業保険の請求手続きの書類をもらった。
 早速、仲間に聞く。
フムフム、書類と判子と銀行の口座番号に身分照明の書類か。
 うんと安くなった給料の後であるし、そんなに額があるとは
思えないが、兎に角行って見るか。
季節
 昨日、季節はずれの雪が降った。
今日は打って変わって快晴。
 公園の池の上を乱舞しているのは燕だ。
いつの間にか遠い地から渡ってきた。
地震以来、機構の変動が激しいが、自然は緩やかに動いている。
さくら
 日本人はつくずく桜が好きなのだと思う。
新幹線が都心に近づくにつれて、サクラの花が目立ってくる。
ここにも、あそこにも。
 普段目立たない場所にある木々も、このシーズン自己主張。
これが日本人に合うのかもしれない。出すぎず、控えめながら
ここというところでぱっと行く。
 人間もこうありたいものだ。

なかなか難しい
 最後の、跡継ぎをと思い3年間指導してきた男がいたが、弱い者は弱かった。
上司に訴えたようだ。「僕には出来ませんと」
 物心両面で援助してきたつもりで合ったが、何度も失敗してきた男には無理だったようだ。
【一度失敗した奴は、二回でも三回でも失敗する】
きれいに当てはまった。
 手をさし述べてやったが、理解が出来なかったようだ。
上司は「最初から無理だった」と切って捨てたが、助けようと思ったんだがナァ。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。